今更ながらのCANON EOS 5D MARK Ⅳ レビュー(MARK Ⅱと比較)

カメラ始めて…6年位か?
最初に買った一眼レフはCANON EOS KISS X5。
その1年後位にCANON EOS 5D MARK Ⅱを買って、以来ずっと使ってきた。
その時、一番違いを感じたのはファインダーの大きさ。
のぞいた時の大きさがめちゃでかくなった。
今思えばX5とかよくあんな小さいのでピント合わせられたなと思う。
いや実際合ってなかったが笑
ファインダー倍率って大事だねーってその時初めて知った。

MARK Ⅱ買ったのは、ちょうどMARK Ⅲが出て生産中止になろうかという時期。
価格は15万円位だったろうか。
さすが名機と言われるだけあって、性能的には十分。
特に大きな不満も感じてなかったので、あまりMARK Ⅲは買いたいとは思わなかった。

強いて不満点を挙げるとすると、測距ポイントが9点しかないことと、連射スピードが遅くてほとんど役に立たないことと、最近の水準で見ると高感度に弱いところ。
特に最近のセンサー性能の向上はソニー筆頭に目覚ましいものがあるので、暗いところでの撮影に強いの欲しいなと思う今日この頃。
MARK ⅡだとせいぜいISO1600位までしか使ってないし。

ということで、夜撮影もしたいので、そろそろ買い替えたいなと思ってはいたが、いかんせん後継機5D MARK Ⅳのお値段が高すぎる(今現在最安値で34万近く)。
6D MARK Ⅱまで待とうかとか、C-log対応するまで待とうかとか、いっそMARK Ⅲ買おうかとかいろいろ悩んだりもしたが、どうせ買うなら早いほうがよいしMARK Ⅲだと絶対MARK Ⅳが気になり続けるしってことで、思い切って買ってしまった。
さすがに1D X MARK2を買おうとは思えんので、MARK Ⅳ買っとけばしばらくは困らんだろう。たぶん。

CANON EOS 5D MARK 4
CANON EOS 5D MARK Ⅳ

CANON EOS 5D MARK Ⅳ

持ってみての第一印象。
おー軽い。
そりゃーレンズつけてないからな。
実際は800gでMARK Ⅱとほぼ変わらない。

いくつか見慣れないボタンが増えてたり、電源ボタンの位置が変わってたりしてるが、操作感でそんなに戸惑うことはない。
見た目についてはほぼ一緒。
パッと見便利になったと思ったのは、マニュアルとかAVとかオートとか選択するダイヤルが、ボタン押しながらでないと回らないようになってるところ。
MARK Ⅱでは、移動してる時に結構回っちゃうことがあった。

中身のほうは大幅に進化してる。
1世代分すっ飛ばしてるせいか余計感じる。

撮影してみて一番驚いたのは、ピントの合う速さ。
今までのは何だったんだって思うレベルで全然違う。
スーーーーーーカタンって感じからスカッって感じに。
速すぎてホントに合ってるのか不安になる位。
最大61点の全点F8測距。

KISS X5の頃は、オートフォーカスでは遅くて使い物にならなかった液晶モニタでのライブビュー撮影も、ミラーレスカメラ並みの快適さで撮影できる。
夜景撮影の時って液晶画面で拡大して見ながらマニュアルでピント合わせて撮ってたんだけど、これだと指でピッって画面に触れたところにピントが合う。

MARK Ⅱと比べて、液晶画面も大きく綺麗になってる。
タッチ操作できるのも良い。
撮った写真もスワイプで大きく表示させたりできるし。
今までのクセでついダイヤルで回してしまうが。

ひとつ気になった点はバッテリーの減りが速くなったこと。
これまで予備のバッテリーに換えたことなどなかったけど、今後は必ず用意しといたほうがよいかも。
でもMARK Ⅱと同じバッテリーが使えるのでありがたい。

その他細かい機能については、マニュアル読むのに丸一日位かかりそう。

とまあそんなところで、画質とかについての評価は実戦でいろいろ使ってみないことには。
部屋を適当にバシャバシャ撮った写真とか見てもつまらんし。
ちなみにシャッター押した時の衝撃が軽いので、連続で撮りたくなるような気がする。

2017/4/22追記
画質評価はこちらで

玲奈 at 浅草 1